Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

16 2013

不要になったパターンを手放す

実は私、以前からずっと、仕事でもプライベートでも、他人様のエネルギーをごっそりと根こそぎ奪い取っていく人、俗に言う「エナジーバンパイアー(エネルギーの吸血鬼)」とかかわることがよくありました。プライベートであれば、その人と会わないという選択もできますが、仕事となると話しはちょっと別。無論、誰も他人様のエネルギーを無断で奪い取ることはできません。意識、無意識は別にして、そこには確固とした同意があり、『OK!どうぞどうぞ』とでも言わんばかりに、無防備に心のドアを開放して相手に許可を出し、自分からも念を飛ばしてエネルギー的な繋がりを作っていたことは否定しません。しかし、特に昨年の春から夏にかけてはそれが顕著に現れ、心底消耗しきっている状態でした。そしてまた、そんなことを忘れかけていたクリスマス過ぎに、再びエネルギーを吸い取られるようなことが起こったんですから、これは“自分の持つパターン“以外の何モノでもないと確信。通常ならば、冷静になってエモーションコードでその原因を特定、リリースしているはずが、あまりに衝撃的な体験だったためか、何もせず、起こったことをただ忘れようと努めただけに終わりました。

そうこうしている内に年が明け、前回のブログに書いたとおり、予期せぬ車上アラシにあったというわけです。

泥棒は、私の車にこっそりと忍び寄り、車の中を物色した後、バッテリーをもぎ盗っていった。バッテリーは、ガソリンと並んで車にとってのエネルギー源。私達が一日に2、3度口にする食事をガソリンに例えるならば、バッテリーは気力ややる気みたいなものかもしれません。そのやる気や気力であるバッテリーが盗まれる・・・それは即ち、まるでごっそりとエネルギーを盗みとられるような、今までの私の対人関係のパターンに似ているではないか?!車上アラシという形で、それを単に実際に目に見せてくれているだけなのかも!?だとすれば、一体どうして私は「エナジーバンパイアー」のような人や消耗するような状況を引き寄せ、それにOKを出してしまうのか?

今度は冷静になって、すぐにエモーションコードをしましたよ~(*^^)v
繰り返すのはもうこりごりですから・・・

そこで出てきたのが、「Love Unreceived(愛が受け入れられない)」、「Unsupported(サポートしてもらえない)」、「Sorrow(悲哀、深い悲しみ)」の3つの感情。私がそんな未昇華の感情を身体やエネルギー体のどこかにくっつけていて、知らず知らずの内にそこからシグナルを出してるわけだから、宇宙の法則にのっとってそれにピッタリとマッチする人や状況を自分で引き寄せてしまってて当たり前。深~く納得です。だって、多分、他人様からのアテンションが欲しい、構われたい人って、愛を受け入れてもらい、どんな状態であっても支えてもらいたい、自分の持つ不安や悲しみを理解してもらいたいって人なんだろうし、それが叶わない場合には、振り向いてもらえるまで、駄々をこねたり、ポジティブ、ネガティブお構いなしに、あの手この手を使って執拗に追いかけてくるんだろうと思います。で、私はというと、自分で出したシグナルに引っかかってきた、悪気はなくても暴れ狂う、コントロール不能な人や状況に対して、すべてのエネルギーを使って一生懸命に対処しようと向き合った結果、ぐったりと消耗してネガティブに陥るという負のパターンを繰り返していただけなのでしょう。

まぁ、エネルギーワークのほとんどが、速攻性というよりもじわじわっと徐々に効果を現すという傾向があるので、私のこの不要になったパターンの手放しが実感できるのは、もうちょっと先のことかも知れません。でも、お陰さまで、本当に今度こそ、心からすっきりさっぱりしたことだけは確かです。