Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

08 2011

ぬか漬けと常備菜

私は結構食べることに執着が強い方だと思います。
料理を作るのも、うまい下手は別にして結構好きな方。
でも、オーディエンスがいないと燃えないタイプなんで、自分一人の場合はお腹が膨れれば何でもありな方。
なんで、ここんところ、ずっと料理はさぼり気味で、ハウスメイトの猫シッターさんやNさんのお相伴する形か、スナックのみで生き延びていました。

ところが、オークランドの倉庫に引っ越した2日目。
日本のクライアントさんがランチ休憩を、私が夕食を取る時間帯、ホッと一息ついた時に初めて、全く食べるモノがないことに気づくという失態を犯してしまったのです!
いつもおいしい食事をさりげなくキッチンにおいておいてくれるハウスメイトはもう近くには存在せず、空腹でかなり焦ったという苦い経験から、以来、朝の比較的余裕のある時間帯に、いろいろな常備菜を作り冷蔵庫にストックすることにしました。

いままで戸棚の奥に忘れられていた「ヒジキ」はさっとゆでてから梅干しとお醤油とごま油でマリネにし、「切干大根」はオーソドックスに厚揚げと煮つけに、「高野豆腐」は玉ねぎと黒ゴマ、鰹節とお出汁とお醤油で炒め煮にして、いつでも食べられるように冷蔵庫で待機させています。また、ぬか漬けも10年振りに復活し、塩分調整にかなり手こずりましたが、今朝あたりから塩梅が急に良くなり、これからはキュウリや大根、ニンジンなんかが浅漬けでいただけるようにもなりました。

仕事柄、夕食はかなり適当にPCの前に座りながら取ることがほとんどですが、お昼は白い炊きたてのご飯にそれら常備菜に何か一品プラスし、飢えることなく、安価でおいしく食を楽しんでいる次第。
この状態、いつまで飽きずに続けることができるかは不明。
でも、まぁ、当分続くのではないかなぁと思います。