Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

14 2012

カルチャーショック?!

日本からアメリカに戻って今日で一週間が経過し、やっといつものリズムに戻ってきました。
今日、金曜日は、ランチを食べてから、Whole Foodsというナチュラルでオーガニックな商品を扱うお気に入りのスーパーマーケットに行き、日本とは比べ物にならないぐらい人もまばらな店内を、隅から隅までなに買うでもなくのんびりぶらぶら。そこで気付いたのが、買い物をしている人が皆、実にゆったりとしているということ。日本のスーパーや繁華街で感じるようなせかせかガツガツした空気感は微塵もなくて、譲り合いの精神も旺盛な上、目と目が合えば優しい微笑みを投げかけてくれるその姿に、新鮮さを感じたと同時に妙に感動している自分がいました。

日本でデパート等に行き、入り口のドアを開けたとたんに後ろにいた人が我先にとなだれ込んでくるってパターンをたびたび経験するんですが、その度に、心の中では、『お前のためにドアを開けたんじゃないんだよ(~_~メ)』とムッとすると同時に本当にがっかりするんですよねぇ・・・私がいた頃の日本って、もっと他人を思いやって譲り合ってたはずなのに、いつからこんなんになったんだろうかって。

それと、今回の日本滞在で強く感じ、ぶったまげたのは、日本ってまだまだ男性が主導権をしっかりと握る「男性社会」だってこと。(『何を今更?!』って言われそうですが、私は日本でもアメリカでも女性のボスの下でしか働いたことがないからそれほど感じることもなかったんです。)そして、パワーゲームを好む男性がいかに多いか、またその不毛なゲームの根底にあるのは「恐れ」であるってことも実際に体験を通して知ることができました。普段私の周りにいる男性たちは、たまにパワーゲームごっこすることはしても、どちらかというと“女神意識”に目覚めた人達が多いですから、正直日本ではちょっとびっくりのカルチャーショック。まぁ、少々痛い思いもしましたが、自分自身が本当に望んでいることが何かが明確によ~く分かったのが収穫です。ということは、やはりすべてに感謝。すべてはうまくいっているってことなんでしょうねぇ。

いやはや、これほどまでに人の意識が2極化してくると、しっかりと地に足付けてない状態では凄い勢いで振り回されますよね。皆様もお気をつけあそばせ(^_-)-☆