Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

04 2012

不思議な時間

ここのところ、SKYPEを使っての三者スピリチュアルセッション&カウンセリングの通訳をする機会が多くなっています。

今日のセッションでは、予期せぬ誘導瞑想。(スピ系のカウンセリングでは、セッション当日まで内容は不明なことが多いので、全く準備なしのぶっつけ本番(*_*))クライアントさんは完全に瞑想状態。私は、仕事上、半分リラックス、半分シラフという面白い体験をさせてもらいました。通常、瞑想の通訳をする際には、参加者と一緒に目を閉じて瞑想状態に入り、映画のようにスクリーンに映し出された映像を日本語に訳して伝えるという作業をするのですが、今回は、それをしながら意識的に、クライアントさんに起こっているさまざまなことを質問し、それを英語にし、またまた日本語で質問して答えを英訳するというマルチタスクをこなさないといけないので、あっちの世界に飛んだり、現世に戻ったりとすっごく忙しかったんですよ~。
おまけに、通訳業務に入る直前まで、データを解析して数字を追いかけるという、それはそれは現実的かつ物質的な仕事をしていたので、急にモードを変えて非物質に入れるのか???と、ちょっと心配していたのですが、瞑想が深まるにつれ、気分も落ち着き、私までリラックスでき、スムーズに進めることができました。

どんなお仕事でも同じですが、お金をいただきながら、自分自身の観念やら思い込みも含めて、実にいろいろ、さまざまなことに気付き、クライアントさんを通して学ぶことができるのでありがたいです。そして、終了後にクライアントさんのエネルギーが軽~くなり、感謝の波動に触れることができるのが何よりも喜びなんですよねぇ。

・・・とまぁ、そんな至福感に包まれながら、今日も寝ることにします。
あぁ~、また今日も午前様だぁ(T_T)