Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

09 2013

寒い日こそ外に出る!

寒いです。今年は、秋を飛び越して急に寒い冬がやってきたから体が慣れていないのかもしれませんが、ここ数日、SFベイエリアはシンシンと冷え込んでいます。特に、私は座って作業することが多いので、タイプミスを連続してしまうほどに、指先が冷え切ってしびれることもあるぐらい。夜は湯たんぽを2つベッドに入れて、それを抱きかかえるようにして寝ています。

こう寒いと外に出るのがおっくうになり、家でちんまりと縮こまりがちになりますが、それでは代謝が落ちて逆によけい寒い。ここは思い切って外に出て体を動かそう!と決心し、仕事が一段落した夕方、久しぶりに湖を半周、30分ぐらい歩いてきました。
歩き始めは、猫背でへっぴり腰。寒さで体のあちこちに余計な力が入るために、かなりぎこちない歩き方でしたが、意識的に肩の力を抜いて胸を張り、一歩一歩踏みしめるように歩くと、想像していた以上に体はすっきりと軽く、歩き終えて帰路に就く車の中では体中がポカポカ。家に帰ってお白湯を飲んで、かれこれ1時間以上は経ちましたが、まだまだ暖房をつけなくても平気なぐらい暖まってます。

『子供は風の子』の言葉通り、小さな頃は、吐く息は真っ白でも、校庭で友達と一緒にドッジボールやバレーボール、縄跳びなんかをしたり、リンゴみたいに真っ赤なほっぺたで元気に走り回って汗かいてましたよね?そこまでは、ちょっともう無理かもしれませんが、寒い日でもおっくうがらずに、できる限り体を動かしていくのが良いのかもしれません。

今年も残すところあと21日。クリスマスまではあと2週間ちょっと。やっとのことで、我が家の天使たちにもお出ましいただきました。
気ぜわしい年の瀬、皆さま、どうごご自愛くださいね。

angel_2013_xmas.jpg