Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

22 2015

今ここ、この瞬間

気づけば4月も下旬。
桜も終わって新緑の季節に突入ですねぇ。
私の方は、まもなくスタートするハワイとシャスタでのリトリートの最終チェックに入りました。準備は徐々に進めていたせいか、現時点ではバタバタよりもワクワクの方が大きいかなぁ。

さて、久々のブログエントリーは、最近、精神世界のみならず、普通に巷でよく見聞きするようになった『Here Now』とか『今ここ、この瞬間しか存在しない』という音葉について書いてみたいと思います。

過去も未来もない、『今ここ』、一瞬一瞬を意識的に生きるために様々な努力をされている方も少なからずいらっしゃるかと思います。私が、『今ここ』という言葉に出会ってから、かれこれ15年位の年月が経つでしょうか。以来、口では偉そうに『今、この瞬間しかないから真剣に生きる〜!』なんて言ってました。でも、本当のところは、超体感型かつ抽象的な物事にとんと弱い私にとって、過去も未来もない『今ここ』は、ほとんど全く意味不明なコンセプトだったのです(⌒-⌒; ) 瞑想すると”迷走”になり、ウォーキングやヨガの最中でさえ、終わった後の食事のことやスケジュールなんかの”未来”に思いが飛んで行ってしまいがち。これまでは、私の小さな頭のレベルで『あぁでもない、こぅでもない』とこねくり回してことが、最近ストンと腑に落ちた瞬間がありました。

それは、体力作りの一環として、去年の9月から始めた太鼓のクラスでのこと。レギュラーのクラスにプラスして参加させてもらっている、少しアドバンスのクラスでのパターンプラクティスの最中でした。太鼓を横一列に並べて、ある意味単純なリズムをアクセントとスピードを変えて4人づつ交代で淡々と打っていた時、自分自身の頭が完全に空っぽになっていることにふと気付きました。(真っ白ではありません(⌒-⌒; ))思考が完全に停止し、ただただその一瞬に集中している感じとでもいうんでしょうか。とにかく、普段の生活では、ほとんど経験できない感覚です。そんな風に自分自身を観察し始めるやいなや、番が回ってきたのに太鼓を打つタイミングを逃すというポカをやらかしてしまいました!そんな自分のミスにフォーカスを当てたが最後、頭の中は、さっきとは打って変わって邪念のオンパレード!『何やってんだぁ、私!しっかりしろ〜!』や『次はしっかり打たないと』などなど、様々な雑音が湧き上がってきます。以降、肝心のリズムに乗り遅れて手の方はめちゃくちゃ〜!!

夢中で頭が空の状態 → 今現在(というか必死)に生きてる → 万事OK
起こしたミスを握り締めた → 過去に生きてる → つまずく
次はしっかりやらないと〜 → 未来に生きてる → つまずく

はっは〜ん、なるほど。
これは、完璧に怪我の功名で、何かとても大切なものが掴めたかも〜(-_^)

意識的に感じてみると、全てが新鮮で奥深いですよねぇ。

jimi-san_20150422.jpg
模範演奏中のJimi Nakagawa師匠。”今を生きている”かどうかは不問(⌒-⌒; )