Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

26 2015

私のルール「3度目の正直」

「チャンスの神様には前髪しかないので通り過ぎるまでに掴め!」と言いますが、
皆さんは、しっかりとチャンスをものにしておられますか?

私の場合、場所や人の名前、名称、またはよく似たサインや現象を3回続けて見聞きすると
”偶然ではない”と解釈し、何らかのアクションを取るようにしています。

今年に入ったばかりでしょうか・・・

いつ頃だったかははっきりと覚えていませんが、
Facebookで繋がっているある方の投稿の中に「アクセスバーズ」という言葉を見つけました。

その時は、『新しいエネルギーワークかなにかかなぁ』程度でさほど気にもとめずにスルー。

それから少し経ったある日、再びFacebook上で、今度は他の方の投稿の中に「アクセスバーズ」という言葉が。

何かのサインかもなぁ・・・とは思いつつ再びスルー。

しかし、その翌日ぐらいに、また別の方が「アクセスバーズ」について書いておられるのを目にしました。

これが3回目ということで「ひろ子ルール」が発動し、ネットサーチを開始。

するとどうでしょう、
「アクセスバーズ」は、頭部にある32のポイント(バー)をやさしくタッチして、
生きる上で制限となる不要な”思考”、”感情”、”信念”、”思い込み”を解放していくセラピーで、
エモーションコード同様、大人でも子供でも誰でもができるワーク。

手法は違えど私が心底惚れ込んでいるエモーションコード、ボディーコードと大きくリンクしているではないですか!

アクセスバーズをもう少し深く掘り下げていくと、
8時間のワークショップを1回受けるだけで認定プラクティショナーになれることや、
ワークショップを合計3回、別々の3人のファシリテーターから受けることで、
自分自身もファシリテーターとしてクラスが開催でき、プラクティショナーを認定することができるとののこと。

何よりも私の魂と共鳴したのが、アクセスバーズというツールを使い、
私たちの内側にある「knowing(既に知っていること)」を”思い出す”という”超イマドキで旬な”コンセプト。

アクセスバーズについて調べれば調べるほど、
『自分自身で一度体験してみる価値がある!』と強く感じ、2日後には、
私が住むエリアのプラクティショナーを探し出してすぐにアポイントメントを取りました。

実際に90分のセッションを体験してみて、
通常はなかなか止まらない頭の中のおしゃべりがピタッと止まり、
簡単に”夢うつつ”状態の変性意識に入れました。

また、90分のセッションが30分ぐらいに感じられ、
終わってすぐは、頭がボーっとして地に足がつかない感があったぐらいで、
正直、どんなエネルギーワークでも結局は同じだなぁという程度の感想しかありませんでした。

でも、施術してくれたプラクティショナーに、
『認定プラクティショナーになるためのワークショップは直近でいつか』と
質問をしていたところをみると、私の深い部分では『何かがある』と感じていたのでしょう。

そして、なんと!ほとんどアクセスバーズに関しての知識は持たず、
セッションを受けた5日後に、
施術してくれたプラクティショナーによる認定ワークショップを受講。

あれよあれよと言う間に、8月16日、アクセスバーズのプラクティショナーになりました。

流れに乗ると、もがくことなく軽々と全く努力なしにするっとゴールたどり着きますが、
今回も全くその通りで、「行きつくして行き着いた」感じがします。


アクセスバーズもエモーションコード(ボディーコード)も奥が深いので一概には言えませんが、
現時点で、あえて比べてみるならば、

アクセスバーズは”パッシブ(受け身)”、
エモーションコード(ボディーコード)は”アクティブ(積極的)”なワークだと思います。

同じリリースでも、
エモーションコード(ボディーコード)は問題に対してピンポイントでグリグリっと掘り下げていくのに対して、
アクセスバーズは全体をふわっとやさしく包み込む感じ・・・かなぁ。

どちらも、セッションを重ねるごとに体験の素晴らしさが増し、もっともっと受けたくなる。

私は、短期間に合計4回、アクセスバーズのセッションを受けましたが、
受ければ受けるほどにクリアになってきますし、
シンクロニシティー(意味ある偶然)がよりスピーディーに起こってきます。

何よりも、アクセスバーズのセッションは、リラックス感が半端ない!

とにかく、とても面白い体験ができる、効果的で可能性に満ち溢れたワークに出会えたことに間違いはないでしょう。

アクセスバーズとエモーションコード(ボディーコード)を組み合わせて、
今後は、最強のエネルギーのデトックスを提供させていただきたいと考えています。

なお、10月の日本ツアー、大阪と東京では、
ボディーコードはもちろん、エモーションコードとアクセスバーズのコンビネーション、
およびアクセスバーズのみの個人セッション60分間を実施いたします。

詳しくは、下記リンクからご覧ください。

【個人セッション(大阪&東京)】
http://www.luna-chic.com/2015-日本ツアー/#cc-m-12164293088

また、ホームベースのサンフランシスコベイエリアでは、
9月中旬から期間限定のモニター価格で、60分、または90分のアクセスバーズのセッションをスタートいたします。

詳細に関しましては、今しばらくお待ちくださいね。
(激しい流れに物理的な体がちょっとついて行ってない感じかも (⌒-⌒; ))

なお、アクセスバーズのケーススタディーに体を貸してくださったモニター第4号様の体験談はこちらをご覧ください。

アクセスバーズって何?って方は、こちらからどうぞ。