Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

13 2016

Input

約2週間の滞在を終え、ハワイからサンフランシスコ・ベイエリアの我が家に戻ってきました。

あっという間に帰宅して4日が経過。

早くブログをアップしたい!
素晴らしかった経験の一つ一つを皆さまとシェアしたい!

・・・という気持ちとは裏腹に、なかなか手が進まなくて

現在、経験や体験をもぐもぐと噛みしめながら咀嚼中

という感じでしょうか。



現時点で振り返ってみて、

今回の旅のテーマは「input」

だったと思います。


自分と向き合い、
しっかり繋がって、
エネルギーや情報を蓄えるためのハワイ。


ノースショアでの一人リトリート中は、
コーチング体験
SAT療法
タオライヤーを使ったサウンドセラピー


マカハのリトリートに移動後は、ヘミシンク

普段の私には珍しく、数々の新鮮で興味深いセッションを受けました。

中でも特に印象的だったのが、
マカハのリトリートで受講した
2日間のヘミシンクセミナー。


F10とF12を探索するこのセミナーは、
私にとって今回が10年振り3回目の再受講。


プログラムの内容変更で1日から2日のセミナーになったためか、


日本、モロカイ島、オアフ島から参加した
合計11人のソウルファミリーのグループエネルギー、

20160313_1.jpg

マカハという場のエネルギー、


20160313_4.jpg

自分自身の変化変容という様々なファクターがあってか

全く違う、面白い、
新たな気づきをいただきました。



一番驚いたのが、1日目、

”肉体は眠っているけれど意識が起きている状態”の
F10を探索中に

20160313_3.jpg

一度も”寝落ち”しなかったこと!

前回、前々回は、あれほど寝てしまったのに・・・

そして、

セッションをさせていただく時と
同じ意識状態である


という確信がありました。


が、しかしです、
F12になると話は別 (⌒-⌒; )


しっかり起きている時もあれば、
意識が遠くに飛んでしまって夢見心地だったり、

かなりムラがありました。

私の肉体がF12の状態に慣れていないから、
無防備で開いた状態、
即ち、寝ることで顕在意識を眠らせ、
情報をダウンロードしやすいようにしていたのだろうと思います。

ちなみに、F12とは、

”意識が、肉体的、空間的束縛から自由になり、
「知覚・意識が拡大した状態」。

肉体を超えて自分が広がっていく感覚を得たり、
俗にいう超能力、
五感を超えた把握能力を体験する場合もある領域”だそうです。


ということは、

ヘミシンクというツールを日常に取り入れて

F12という意識領域にもっと自由にいくことができれば、
ヘミシンク音を利用したメタミュージックを生活に取り入れていけば、

可能性はこれまでにも増して
無限大 ( ´ ▽ ` )ノ

と今更ながら気付き、
心からワクワクドキドキしてしています。


ちょっと視点を変えて
拘りや制限をはずすだけで
視界が大きく広がる。

放電する前に充電。

「Output(出す)」も大切だけど
バランスよく「Input(入れる)」しなくっちゃ、ね〜。

20160313_2.jpg


あなたもハワイで、
大切な何かを「Input」しませんか?



〈関連URL〉
【朱いハイビスカス】朱実・カウラオヒさんのブログ
[マカハの素晴らしさをもっともっと伝えたい〜!!!]
その1/その2/その3/その4


【期間限定】3月24日まで早割2の参加費で受付中!
3人のヒーラー、朱実カウラオヒ、高柳美伸、高野ひろ子がナビゲートする
とってもスペシャルな2016年春のハワイリトリート

2016年春ハワイリトリート


お申し込みは、お早めに!