Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

18 2016

ジャッジメントという名の愚行

ただ今シャスタで充電中(^_^)v

途中何度かSFベイエリアの自宅に戻りつつも、
7月2日から月末までの約1ヶ月間は、
光り輝くシャスタのエネルギーを細胞の隅々にまでいただき、
来月8月の日本一時帰国に備えております。

”ひとりシャスタ”の場合、
いつも何も決めず、
ほとんどどこにも行かずに過ごす私ですが、
今朝は、ゲートが開いたばかりの
みずみずしいパンサーメドウズへと車を走らせ、
キャンプグランドから始まり、
アッパーメドウの泉へと続く、
ちょっとアップヒルなトレッキングを楽しみました。

shasta_20160718.jpg


歩き終わってから、ふと湧き上がってきたのが、
「善・悪」のジャッジメントについて。

私にとっての「善」であっても、
相手にとっては「悪」かもしれないし、

私にとっての「悪」
相手にとっての「最善」なのかもしれない。



誰しもがみんな、
それぞれ好きな角度から物事を見て
ただ感じたことをユニークに表現しているだけ・・・



ということは、


自分自身の「善」を握りしめ、振り回し、
それを”物差し”にして判断し、
相手を裁くことって



単なる愚行やん?!


とまぁ、こんな感じで、
今日もまた一つ、
頭で「知ってるつもり」だったことが
ど〜んと腹に落ちました

そして、ありがたいことに、
また一つ
とっても楽になりました。


歩く瞑想・・・効果あり(^_^)v


シャスタ パンサーメドウ ジャッジメント 歩く瞑想