Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

09 2016

秩序と混沌

毎週2回、近くでひらかれるファーマーズマーケット。
平日のせいか、規模が小さいせいか、だいたいいつも人も少なく、まったりのんびり。
火曜日の朝は、そこで1週間分の食材の買い出しをすることからスタートします。

20161109.jpg

昨日、11月8日の火曜日もいつも通り・・・

と言いたいのですが、4年に一度のアメリカ大統領選挙の開票日。

いつもは見向きもしないCNNのライブストリームにかぶりつき、
選挙権もないくせに、夕方から深夜まで開票速報を追いかけて一喜一憂する私がいました。

既にご存知の通り、軍配はトランプに上がったわけですが、当選が確定した瞬間の私のリアクションは、

嘘やろぉ〜!!ショーック!!!


実はこの結果、思い返せば、深い深いところでは薄々感じていたのも事実で、
『“2016年の秋頃に大きな変化がある”というのが本当であれば、トランプ大統領が誕生する可能性は大』
と親しい人達にはよく言っては、ドン引きされたりキレたりされてたんです ^ ^;;


まさか、それが現実となるなんて - -;;
“トランプ大統領”が誕生した事実に大きく動揺してなかなか寝られなかったのも事実です。



でもね、一夜明けた今朝、思いっきり落ち込みまくったのが功を奏したのか、
感情移入なし、ジャッジメントなしで振り返って見えてきたものは、

アメリカ国民の大多数が、
長年政治に携わってきた“プロ”よりも 全く政治経験のない“ど素人”を支持したという事実。
秩序や既成概念をぶち壊し、混沌から新たに創造することを選択をしたという事実。

その観点から見ると、

昨日という日は、アメリカにとって、
“創造のスペース”を創り出すために、“古くなって機能しなくなったもの”を手放した、
“破壊と再生”の新しい第一歩を踏み出した、記念すべき日だったのかも知れません。


言わずもがな、その影響、エネルギーは、全世界中へと広がっていくでしょう。


今回の大統領選の結果から、
アメリカからカナダやメキシコなんかに逃げようって考えている人、
抗議デモしたり、闘い続けるって声高に叫ぶ人、
ただただ落ち込んでがっかりする人、リアクションはそれぞれでしょう。
このリアクション、2000年だったかにブッシュの息子が大統領になった時も同じだったと記憶してます^ ^;


そして、今回のことから私が改めて気づいたことは、

これからも、もっともっと、今以上に意識的に生きること。
内側の声に従い、信頼して、意識的に選択していくこと。
常に新しい視点、角度から物事を見ていくこと。

ジャッジメントなしの許容。

自分自身の意識こそが体験を作り出す。



・・・とまぁ、そんなこんなの大切さ。


全ての出来事の中には、必ずギフトが隠されています。