Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

22 2016

My body is my worst enemy or best friend?!

突然ですが、

私は自分の“体の声”を聞くのがかなりうまい^ ^

とずっ〜と思っていました。

だって・・・
私は、内臓や細胞、脳や神経等を扱ったボディーコード®︎っていうエネルギーワークの認定プラクティショナーだし、
常に可能な限りは身体から発せられるメッセージに注意を払っていたつもりでした。

そう、でもそれは、まだまだ単なるつ・も・りだった ^ ^;;

そのことに、先週末、アクセスボディプロセスのワークショップに参加したことで気づかされたのです。
ありがたや〜、ですよね( T_T)\(^-^ )



12月16日から18日、3日間続く実技中心のこのクラスでは、60種類以上あるプロセスの中から自分に必要なものを選び、他の参加者とペアになって1日に2回づつのセッションをトレードします。

奇しくも、開催時期が、世界的規模で行われていた「Body Awareness Weekend(体に意識を向ける週末)」と重なったためか、エネルギーレベルもマックスかつ強烈

20161222_1.jpg


ファシリテーター、Dr. Glenna Riceのバシッと物言うハンサムさ、暖かさと優しさに包まれながら、言葉によるクリアリングや活発な質疑応答が交わされる中、参加者の肉体がどんどんとシフトしていきます。

glenna_20161222.jpg
厳しさと優しさを備え持つGlenna。エネルギーの流れをフォローする的確さはさすがです


私の身体も劇的に変化したためか、初日から全くものが食べられない状態に。
2日目は、シフトした肉体が先を行き、感情やスピリットがそれを必死で追いかけてる感じ。
最終日の3日目は、風邪や流感に似た症状が出て、フワッフワのヘロヘロ。

クラス終了後4日たった今日、やっと身体と心、スピリットが一つにまとまった感じがします。


そして、ずっと向き合ってきたつもりの身体だったけど・・・

20161222_2.jpg
Photo by Irina Bourova

それは特に不調な時だけだったのではないか?
それ以外の日常では、身体からのメッセージを受け取りきれてなかったのではないか?
今現在の自分の身体に違和感を感じ、粗探しをし続けてきたのではないか?
意思決定や日々の会話から、身体を仲間外れにしてはいなかったか?



身体は、私達の想像を超えたさまざまな情報を持っています。
身体こそが、私達が感じている不調和の原因が何なのかを教えてくれる優秀な翻訳機だということは、エモーションコード®︎から学びました。

でもね、不調和な時だけじゃなくて、

ハッピーな時こそ、身体からの声に耳を澄ましてみる。
日常的に、親友や大切な誰かと楽しい時間を過ごすように、身体と会話し、仲良くする。
そうすることで、もっともっと自分の身体と仲良くなれる。



と、そんなことを考えさせられた貴重な3日間でした。





アクセス アクセスバーズ フェイスリフト ボディプロセス グレナライス Glenna_Rice