Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

16 2010

無条件の幸せ

本日、夏季休暇終了。9日振りに目覚ましの音で目が覚めました。いつもは大嫌いなアラームサウンドが、今朝聞いたとたんに懐かしく愛おしく感じられたのが、自分でも不思議です。

蜀咏悄_convert_20100816182013


さて、バケーション後半の金曜日はSan Jose Jazz Fes、土曜日には5年ぶりのバシャール公開チャネリングセッションへ。Jazz Fesとチャネリングセッション、一見全く異質なようだけど、五感を通して感じてみると共通点は無限だ。だって、Jazz Fesでノリノリになって皆で踊ったファンクミュージックも、バシャールも、どちらも私をワクワクドキドキさせてくれたのには変わりないし、シンプルなフレーズの繰り返しのファンクが伝えるメッセージは、バシャールが繰り返し言い続けている、いかに「すべてはシンプル」で「シンプルこそが最善」に共通していると思うから。

今回、最初から最後までバシャールが強調していた(と私には聞こえた)のが、「すべてのものは変化、変容し、良きことに向かって進化し続けている」ということ。そして、感情のアップとダウンを繰り返したとしても、私たちは天へ天へと向かって成長しているわけだから、今感じているダウンは前回のハイの状態よりもずっと上。で、次回感じるであろうダウンもまたその前のハイな時よりも高い位置での落ち込みってこと。時々自分が同じ場所で足踏みしてるだけで、全然成長してないように感じていたから、それを聞いたら急に楽になってホッとした。と同時に、どんな時でもどんな状況に立ったとしても、無条件に幸せだと感じられる、そんな自分でいたいなぁって心の底から思います。転んで頭ぶつけて泣きそうに痛くても、「ついてる!ラッキー!ありがとう!次はどんなハッピーが来るんだろう???」ってノー天気に笑っていたいなぁ・・・ってね。


写真2