Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

11 2011

カラダの声を聴きましょう~!

ここんところ冷え冷え寒む寒むのサンフランシスコ・ベイエリア。
夜はしっかりとお風呂につかり、ベッドには湯たんぽ入れて快適に眠ってはいますが、問題は朝。あったかいベッドから起きだすのが至難の技になってきました。

先週末、やっと一人になる時間がたっぷりできたので、土曜日、日曜日は久々にお昼寝三昧させてもらいました。それにしても、自分でも驚くぐらいに眠れるのです。どんなに長くお昼寝しても、夜の11時ごろにはまた上下の瞼が重~くなってくる。朝が来てもベッドでダラダラしてる内に再び睡魔に襲われて撃沈。本読んでても気付けば夢の中。よほど体が疲れていたのか、次なるステップを前にしての充電なのかはわかりませんが、たくさん眠って心も体も魂もかなりすっきりしたのは確かです。「カラダからの声(悲鳴?!)」を正直に受け止めて休んだのが良かったのか、幸いにも、今巷で流行っている風邪ともトンとご縁がなさそうです。

「カラダの声」を聴きましょう。
それがどんなに小さなささやきであっても。
そして、それに素直に従いましょう。
カラダは本当に正直ですから。

皆さん、どうぞ風邪などひかれず、くれぐれもご自愛くださいね~!