Natural Woman's Diary

ARTICLE PAGE

13 2011

【うさと展示販売会のご案内】収益の一部が被災地への義捐金となります!

東北地方の地震発生から約3日が過ぎようとしています。
サンフランシスコでは、全くテレビを見ない、ニュースを読まないという原始的な生活を送っている私ですが、週末はサクラメントの母の家で過ごし、テレビにかぶりつくと共にことの重大さに胸を痛めております。

これまで当たり前だと思っていたことやシステム等が音を立てて崩壊していく姿、そして、何よりも自然の偉大さを目の当たりにして、正直、自分自身の小ささや無力さを痛感しています。しかし、悲しむよりも、日本から遠く離れた“自分に何ができるか”にフォーカスを当てることが今一番大切なことであり、可能な限りニュース等に惑わされず、いかに「中心」にとどまれるかが試されているような気がします。
幸い、私の親戚縁者は、すべて大阪、関西地区におりますので、直接被害の影響を受けることはありませんでしたが、被災地におられる皆々様の不安や悲しみを考えると涙が出るばかりで心穏やかではいられない自分がいます。東北地方の皆々様に一日も早く平穏な日が来ることを心からお祈りしております。

さて、以下お友達の有子さんからのメールを添付しますので、ご一読ください。
そして、サンフランシスコの日本街で開催される桜祭りの期間中、4月10日、17日の日曜日に有子さんが主催される「うさと展示販売会」にぜひお越しになり、被災地への義捐金活動にご協力くださいますようお願いいたします。当日の売り上げの5%が義捐金としてドネーションされます。

私もお昼頃には顔を出す予定にしています。うさとの暖かい洋服にも触れる絶好のチャンスですので、どうぞお見逃しなく!!



お元気ですか?有子Gowerです。

日本のニュースに皆様も胸をいため、日本を思う気持ちをさらに深くされていらっしゃることと思います。

さて、4月9日、10日、16日、17日の週末は日本町は桜祭りです。
こういうときだからこそ日本人が団結してなにかことをあたるときなのかもしれません。

私のクリニックでも 10日、17日の日曜日、アメリカ初デビューのうさと服展示即売会をいたします。

うさとの洋服はご存知のかたも多いと思いますがさとううさぶろうさんがタイの天然の素材をつかって草木や実、花などで染め上げた生地をひとり1枚こころを込めて塗ってもらったそれはやさしいまさに薬草を肌にまとっているような エネルギーの高いすばらしい洋服です。

http://www.usaato.com/top.html

着るものに無頓着でした私が これに出会って ”本物を身につける”ことがいかに自分の健康と精神にかかわっているのかを確認し、アメリカで販売させてもらうことしたものです。
これは展示即売が約束で 普段はどこの店頭にもだしていません。わたしの手からあなたの手に大事なものをゆだねていくという形をとらせていただきます。

そしてわずかではありますが、販売の5%を 東北太平洋大地震への義捐金としてつかわせていただくことにいたしました。

まずは是非この機会にうさとの服を手にとってそのやさしさ、美しさを感じてみてください。
スカーフ一枚まいているだけで きっと心が満たされていくとおもいます。

日本のためになにかをしたい、と急遽この即売会をすることにいたしました。
タイのうさぶろうさんから見事な洋服がとどいています

みなさまにお目にかかれるのを楽しみにしております。